ビンテージマンション。

コープオリンピアは1965年に建った分譲マンションです。

1ユニット9坪を好きなユニット数を買うことができるという、

当時では斬新な売られ方をしました。(今では法的にできないと思います。)

内部を見せてもらうチャンスがありまして。

屋上のプールとか、駐輪場とか、、、ちょっと斬新だったり。

各住戸のドアがみんな違う。

昔の設備の大きさやシンプルな機能に驚きましたが、

年月が経って、なんだかよく使われて馴染んでいる良さがありました。

なんでいいんだろう。古いのに。

マンションは5年経ったら値が落ちると言われているけど、

林立する高層マンションと違う感じ、なんだろう。

やっぱり最新設備じゃないけど、何か雰囲気がいい。

マンション内のコミュティもなんだか素敵だ。

前の記事

省エネ講習会